1)ひとりひとりの子どもをだいじにし、ひとりひとりに行きとどいた保育を行うことを
  経営の根幹としています。
2)のびのびとした中にも、規律ある生活態度や基本的生活習慣の養成につとめています。

   ※子どもたちが生き生きと活動し、その個性を伸ばしていくために、明るくのびのびと
     した、雰囲気づくりをだいじにしています。
     しかし、やるべきことはきちんとやる、きめられたことはしっかりと守るなど、規律ある
     生活態度や基本的生活習慣の養成に努めています。

3)健康教育に力を入れています。
  
  ◎体力づくり       ・幼児期は特に脚を鍛える大事な時期といわれています。

                 ・園庭や前のグランドで充分走らせています。

                 ・鉄棒、跳箱、マット、ボール運動等、正しい段階をおって
                 充分とりくませています。

                 ・本格的な温水プールで、専門の先生の指導により、積極的
                  に健康教育を進めています。

  ◎心の健康づくり    ・がまんする心、がんばりぬく心を育てることもだいじと考え、
                 毎日の保育や行事等の中で、常に意識的に指導しています。

4)主体性を伸ばす保育に力を入れています。
  
  子どもが自分の考えをもち、それを言えるように、また自分から遊びを見つけ、遊びを
  展開させ、遊びに熱中できるような環境を整えることを心がけ、あらゆる機会をとらえて
  主体性を高められるような援助や助言を心がけています。

5)情操教育に力を入れています。
  
  ・音感教育は早いほど良いといわれています。年少からリズム指導を充分取り入れ、
   年中からピアニカ指導を始めています。無理なく子どもの力を伸ばしています。
  
  ・すぐれた音楽や文学作品などを多くあたえたり、動植物の飼育栽培などをとおして
   常に子どもの心に新鮮な感動をおぼえさせるよう心がけています。

6)知的発達を促すための指導にも力を入れています。

  ・知的発達を促すためには、まず話すことが基礎になります。「あいさつ」「おへんじ」
   「生活発表」など毎日の保育の中でだいじにしています。
 
  ・文字や数の指導は子どもの発達や興味の実態をよく見極め、教師が環境構成を整え
   ながら子ども達が遊びを通して学習できるようにしています。

7)めぐまれた環境を生かして、健康、情操教育に効果をあげています。

  ・市グランド、緑地帯、麦畑などに囲まれて教育的にたいへん恵まれた環境にあります。
   この環境を生かして、健康、情操教育に効果をあげています。

  ・園外保育を多くとり入れ、自然とのふれあいを大切にしています。

8)常に父母の声に耳を傾け、公正かつ民主的な運営に努めています。

  ・学級懇談会、個別懇談会等、父母との話し合いの機会を多く持っています。

  ・連絡ノート(つぶやき)の活用により担任と、父母との連絡を密にし、教育の効果を
   あげています。

  ・行事や給食、その他保育内容等についても、父母のご意見、ご要望を求め、その反映
   に努めています。

  ・諸経費の節約に努め、父母の負担の軽減を心がけています。

TOPへ戻る