情報・お知らせ

マイクアンプ MA-2011 部品セット

爆発的ヒット!画期的なマイクアンプ、何が凄いかってALC内蔵です。

部品と説明書のセットです。MA-2011 ¥1200.-

音声レベルを平均化するAGC付きマイクアンプのご案内です。既にIC自体がこの世に出回っておらず少量ではありますが、廃品となったTW-141の後続としてMA-2011部品セットが復活し販売開始しました。新規に基板を起こす事も考えましたが、かなりのコストアップとなってしまいそうなので、ガラスエポキシのスルーホール基板で部品セットにしました。部品点数が少ないので再現性は良いはずです。(基板パターン図説明書付き)

このマイクアンプはマイク入力で出力はラインレベルです。マイク入力機器への接続は出力側へ減衰抵抗を入れて使用して下さい。

基板サイズ 35mm×25mm 高さ約1cm
ガラスエポキシスルーホール基板ですので、振動、湿気に強い、欠点は一度基板に部品をハンダ付けしますと両面基板なので簡単には取り外しが出来ません。

仕様

電源電圧DC4V〜14V
無信号電流5mA(TYP)
利得47dB
ALCレベル(出力)0.6mVrms
入力-60dB〜-10dB

ALCが不要な時は6番ピンをアースに落としてください。

主な用途

カラオケのマイクアンプに使用すれば、大声を出しても音が割れず、音に艶が出る。ビデオカメラのマイクアンプに使用すれば、インタビュー時に音声が平均化出来る。いずれの場合も特性を良く考えてレベル調整をすることです。上手に使用すれば多大な効果があります。本品は、マイク入力でライン出力となります。マイク入力~マイク出力とする場合は出力にアッテネータ抵抗を挿入します。パソコンのマイク入力のレベル不足にも効果があります。他にアマチュア無線のマイクアンプとしてもご使用頂いております。

製作例

2チャンネルステレオタイプの製作例です。部品セットとしてご用意出来ますが、キャノンのIN-OUTの為、24ミリの丸穴加工が必要です。板金加工が出来る方以外はご遠慮下さい。6.5ミリのフォーンタイプですとドリルで加工出来ます。